2017年06月09日

yorunokotoba2015-04.jpg

夜のことば2 ©Shiho Kobayashi

Infomation 2017

■ヒトスジ/ライフワーク 瑞泉寺(京都) ハリガネ造形による写仏を創作中。
      写すことを第一の目的とし発表は完成次第。節目節目に公開日も検討中。
■ヒトスジ/夏休み1日クラフト教室 伊丹工芸センター 7/27tue. 

「絵空事」記念図録発売中 ¥2160(税込)

ItamiWS2017f.jpg

ItamiWS2017b.jpg

今年も「夏休み1日クラフト教室」開催します。
ハリガネ造形ワークショップです。
お子様だけでなく、大人の方も歓迎いたします!


「一筆書きでつくるハリガネアート」
日 時:2017年7月27日(木)
    ①10:30~12:00 ②14:00〜15:30
会 場:伊丹市立伊丹工芸センター
    伊丹市宮ノ前2-5-28 tel: 072-772-5557
定 員:各12名 小3以上(小3は保護者同伴)
参加費:1,000円
持ち物:筆記用具、動物や昆虫などの図鑑(あれば)
内 容:ハリガネを1本がけ使って、一筆書きの要領で動物づくりに挑戦します。
    完成品は木野代に付けてインテリアに!


申込方法
①ご来館で 6月18日(日)10:00~ (先着) 場所:伊丹市立工芸センター
②お電話で 6月20日(火)10:00~ tel: 072-772-5557 
※6/18の来館申込を優先いたします。
※6/18は、他のワークショップと同時受付ですので、毎年早い時間から行列になるそうです。ご了承ください。


詳しくは:伊丹工芸センターまで

kobinaiDMs.jpg

初めて展示する アート○美空間 saga での展示です。今回は、ヒトスジを発表した当初の描き方を思い出しながら、ハリガネに異素材をあわせる新たな試みをしています。オープニングパーティではパーフォーマンスを予定しています。どうぞよろしくお願いします。


媚びないインナー
2017年 5月6日(土)〜14日(日)
11:00~18:00 (会期中無休)

オープニングパーティ:5月6日(土)15時〜18時<無料>

会場:アート○美空間 saga
〒650-0011神戸市中央区下山手通 2−13−18 1F
TEL 078-321-3312


人の肌に一番近く見え隠れするインナー。絵画や立体・インスタレーションなどジャンルレスな20名の作家達が着るという枠を越えた作品の数々をお楽しみください。

白子侑季(グラフィックデザイン) /黒沢理菜(漆工芸)/三木陽子(陶芸)/アンネ*コロン(イラスト)/升田学(ハリガネ造形)/SUMA SUMA(オブジェ・アクセサリー・写真)/竹林子織(立体) /アディス(アクリル画)/田中佐弥(フォーチュンアート)  奥田弥生(イラスト)/足立陽平(絵画)/サカモトタカフミ(イラスト)/神囿那津美(抽象画)/にっちも(イラスト)/hikokami(紙細工) /たてぐちけいこ(フォークアート)/Chapi Happy (歯ブラシペイント)/Q-enta(イラスト)/栗村マヤ子(ステンドグラス)/永田恵理(ミクストメディアアート) ※順不同

yorunokotoba2017-Af.jpg

夜のことば 予約受付いたします。
各回30名限定ですので、ご予約はお早めにお願いします。

予約・問合せ
メール: office@a-t-n.jp
電 話: 072-772-5959
(伊丹郷町館|10時-18時)

5月20日(土)21日(日) 23日(火)
開演:19:00-  開場:18:40-
料金:前売 ¥1,500
 (当日精算になります)
会場:伊丹市立伊丹郷町館 旧岡田家住宅


公演詳細

oto_01.jpg

oto_f.jpg

oto_b.jpg

伊丹市立工芸センター主催の「音をたのしむ展」に出展します。
息吹をハリガネで描きたいと思います。工芸作家ではありませんが、工芸作品に挑戦する過程で抽象絵画のようにできるのではないかと思っています。ご期待ください。


音をたのしむ 展

日時:2017年4月15日(土)〜5月28日(日)10:00〜18:00
休館:月曜日(祝日の場合翌日)
会場:伊丹市立工芸センター
入場無料

ギャラリートーク:4月15日(土)14:00-(無料)
クラリネットコンサート:5月14日(日)15:00-(無料)

主催:伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹文化振興財団・伊丹市]
後援:伊丹市教育委員会

yorunokotoba2015-03.jpg

Photo:Shiho Kobayashi

... 小さな声で語られる / 複合クリエーション / ハイタッチ女 / ゆかいな増殖 / きしむ廊下 / 嘘のつき方 / ふりむくともういない / 同い年の父と子 /ハエタタキ / 表裏の一体化 / ネクタイの綱渡り / 作法的な ...

「夜のことば」はセレノグラフィカと升田学によるプロダクションです。
ダンスの枠にとらわれず、新しい上演の可能性を追求しています。
3度目の今回は、伊丹市にある重要文化財「旧岡田家住宅」での開催です。


升田学とセレノグラフィカの新しい試み
夜のことば


2017年
5月20日(土)21日(日) 23日(火)
開演:19:00-  開場:18:40-
料金:前売 ¥1,500 当日 ¥2,000

予約・問合せ/メール: office@a-t-n.jp
      /電 話: 072-772-5959(伊丹郷町館|10時-18時)

各回限定30名 ご予約はお早めに!

会場:伊丹市立伊丹郷町館 旧岡田家住宅
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28
(開館10時-18時|月曜休館・祝日の場合は、その翌日)
http://hccweb1.bai.ne.jp/itamihall/zaidan/gotyou.html


※会場は重要文化財です。
※当日は下足願いますので、脱ぎ履きし易い靴でお越し下さい。
※飲食物の持ち込みはご遠慮願います。
※会場を傷つけるような行為は堅くお断りいたします。


主催:伊丹市立伊丹郷町館 [公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団・伊丹市]  
企画・制作:セレノグラフィカ、アートーン
京都芸術センター制作支援事業


セレノグラフィカ  
関西を拠点に国内外、屋内外を問わず幅広く活動を展開する男女二人組のダンスカンパニー。多様な解釈を誘発する不思議で愉快な作風と、緻密な身体操作から繰り出されるダンスで多くの観客を魅了している。公演・WS・セミナーなど、ダンスと旺盛に関わり、全国各地を駆け巡りながら「身体と心に届くダンス」を伝える日々を送る。


仮チラシ
yorunokotoba3-f01.jpg

2017年02月02日

絵空事図録 販売中

2016年に開催した展覧会「絵空事」の記念図録を販売しています。
「絵空事」は、伊丹工芸センター内サンクンガーデンに4ヶ月飾られました。6m×7mの青天井の空間を活かし、刻々と変わる大空を借景にしたインスタレーション展となった。写真家キリコ撮影による多数の写真をはじめ、ギャラリートークを収録。
A3カード4枚組 ¥2130(税込)

問合せはアートーンまで。
office@a-t-n.jp

esorazuroku-01f.jpg

esorazuroku-01b.jpg

esorazuroku-02f.jpg

esorazuroku-02b.jpg

esorazuroku-03f.jpg

esorazuroku-03b.jpg

esorazuroku-04f.jpg

esorazuroku-04b.jpg

2016dbRyugaku#9-F.jpg

2016dbRyugaku#9-B.jpg

成果上演 Flier(A3)


2016dbRyugaku#1-4-F.jpg

ショーケース#1~4 Flier(A4)


2016dbRyugaku#5-8-F.jpg

ショーケース#5~8 Flier(A4)


2016dbRyugakuBosyuPosterN.jpg

2016dbRyugakuBosyuF.jpg

2016dbRyugakuBosyuB.jpg

募集要項 Poster, Leaflet

Client: NPO法人ダンスボックス
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Photo: Iwamoto Junpei
Dancer: Daiji Meguro
Date: Apr.2016

2017年01月03日

design/ 經糸と緯糸

tateitotoyokoitoLOGO-01.jpg

Logo
Client: Tateito to Yokoito
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Date: Jan.2017

經糸と緯糸 テキスタイルブランド ロゴデザイン
生地とはタテ糸とヨコ糸(経糸と緯糸)で作られていることからのネーミング。ロゴマークは、タテ線とヨコ線で編み込むようにデザイン。そのように人も交わりが生まれるよう「人」の文字が紛れ込ませている。また家紋を彷彿させる丸囲みで、made in Japanを感じさせる。ロゴタイプはブランド名に糸が4つあること活かし、同じ造形でくり返すことで文様のようなタイポグラフィーに。図形として記憶に残るデザイン。

2017年01月01日

A HAPPY NEW YEAR 2107

NewYear2017.jpg

明けましておめでとうございます。
昨年は沢山の展覧会や仕事に恵まれ、多くの方々にお会いできたことに感謝いたします。
今年も成長し続けるよう精進いたします。
本年もどうぞよろしくお願いします。