2018年01月01日

謹んで新春をお祝い申し上げます。 

2018NewYear.jpg


 謹んで新春をお祝い申し上げます。


 昨年は場所を変えることで交流が広がった一年だったように思います。5月に行った上演作品「夜のことば3」は、会場を京都から伊丹郷町館に移し、空間も届ける対象も大きくなり、作品サイズが大きくなるのを感じました。また、一昨年より月に2回京都へ通い行う針金造形画「写仏」は、お世話になっている瑞泉寺を通して、これまで出会わなかったような方々との交流が始まりました。場の垣根を越えると流れが変わる。そのことを実感した1年でした。
 
 今年は自身の中にある垣根を越える1年となりそうです。これまで身体表現・針金造形・グラフィックデザインはそれぞれ別立てを意識して行っていましたが、1月27日の催し「ウタタラ」では、身体表現と針金造形の表現を同じ板の上に乗せます。私にできることとは何か?を追求する第一歩となると思います。また2月18日に行うダンス公演「Duet~二人を踊る~(eterno)」では、振り付けの無い即興ソロダンスに挑みます。これは今持っている身体をさらけ出すことになり、役者なのかダンサーなのか?という悩みも払拭する一歩になるはずです。
 
 融合と飛躍を信じ、気持ち新たにして取り組む所存でございますので、変わらぬ御指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 本年も皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。


  平成30年 元旦 升田学

トラックバック(0)