2019年09月08日

葉ね文庫でのパフォーマンス「漂流詩」 終了しました

hyoryushi01.jpg


身長より高い本棚の間で、棚越しに、そういう‪日常の狭間でエメスズキと升田学が対話するようにパフォーマンスをします。‬
‪1セッション(約10分)を3セットするつもりで、セッションとセッションの間は、俳句や川柳を生む感覚と「漂流詩」を比較しながらお客さんとトークをするつもりです。‬

‪「漂流詩」は、2人が定期稽古をするうちに自然と見えてきた感覚で、きっと詩人や歌人と近しい感覚なのでは!?と話になりました。その矢先、川柳家 八上桐子さんとコラボ展示する機会が巡ってきたことで、7/19に葉ね文庫でパフォーマンスすることができました。予想以上の興味深い反応がありました。2回目の今回は、より掘り下げたいと思います。‬

‪「漂流詩」‬
‪エメスズキ×升田学‬
‪9/20 19:30〜21:00‬
‪投げ銭制 予約不要‬
‪@葉ね文庫‬
http://hanebunko.com

トラックバック(0)