Harigane

重力と光と零度-表.jpg

今回は、林敦子、升田学という、制作のフィールドが異なる2人が、互いの制作の根本にある共通点について考え、生まれた言葉が〈重力と光と零度〉です。
言い換えれば、この3つのキーワードは、それぞれのアートワークを理解する上で、とても有効な要素となります。
それは、ある種の垣根を超えて、共通の世界観を構築する為の試みなのです。


何万年の静寂の痕跡を切り裂くのは、水。
不動の風景の中を、水が走る。
この星のエネルギーがもたらす現象を
風景写真として紙に定着する。
この変換されたエネルギーの風景の中に
私たちは何を見るのだろう。

林敦子


無機物であるステンレスワイヤーを曲げて、空中に描くように作品を作っています。そうして生じた空間に、生命エネルギーを感じる事があります。それは、何を見てそう感じているのでしょう?命あるモノとそうでないモノの境目は?

升田学


重力と光と零度
2018.11/30(金)~12/23(日)の金土日 11:00~18:00
★ 林 敦子 写真展   11/30fri, 12/1sat, 2sun, 7fri, 8sat, 9sun
★ 升田 学 針金造形展 12/14fri, 15sat, 16sun, 21fri, 22sat, 23sun

☆ 12/15(土) 17:00よりもちよりパーティーを開催します。


<もちよりパーティについて>
年の暮れのささやかなパーティ。惣菜やサンドイッチなどご用意してお待ちしています。参加される方は一品持ち寄りでお願いします。尚ドリンクは店内メニューからワンオーダーお願いします。
またパーティの間に林と升田のトークや、ダンサーでもある升田による「変換」をテーマとしたプチパフォーマンスも予定しています。ご参加いただける方はご一報いただけると幸いです。

重力と光と零度-03.jpg

HitosujiARTjewelry01S.jpg

Hitosuji Art Jewelry「結んで開いて」(4,500円(税別)/SV925)


10月21日よりHitosuji Art Jewelry 発売しました。
取り扱いは有馬温泉にある「ギャラリー・レティーロ・ドウロ」になります。

まずはシルバーピアス。
一本のシルバーワイヤのみで制作。人体や動植物をモチーフに、ユーモア溢れるピアスを作りました。全て一点物になりますので、現物を見ていただくか、下記までお問合せしてご購入ください。


問合せ:office@a-t-n.jp


HitosujiARTjewelry02S.jpg

OgawaKodachiDM.jpg

10月27日(土)に催さられる宝塚音楽回廊に、今年はアートエリア"小川木立ギャラリー"が設けられ、升田も出展します。会場となる末広中央公園(宝塚市役所前)の一角に作られた並木と小川が展示会場です。たくさんのミュージシャンが出演するので、合わせて堪能ください。

小川木立ギャラリー
日時:10月27日(土)12:00~18:00
会場:末広中央公園
出展アーティスト:オカモトアユミ、川瀬拓也、坂口拓、タカギリオ、竹中みなみ、帖佐陽師+國重亮+中山桂子、平野新、延山菜摘、升田学、miyoshi moeka、三家総一郎、山口鎌作

http://zukaon.jp/art/


宝塚音楽回廊
日時:10月27日(土)12:00~20:00
会場:末広中央公園
出演ミュージシャン:ベベチオ、Clap Stomp Swingin'、関取花、渡辺俊美(TOKYO No.1SOUL SET)前川ミチコとグットルッキングガイ、岩崎愛、 YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

http://zukaon.jp/


アクセス

ARIMA-Watashi-Kakine01.jpg


升田学 ハリガネ造形展|私と垣根と影法師

日時:2018年3月17日(土)~5月7日(月)/9:30〜17:00 /火曜定休
会場:ガレリア・レティーロ・デ・オーロ
   〒651-1404 神戸市北区有馬町835番地
   Tel/Fax: 078-904-0858
   E-mail: galeria@goshobo.co.jp
※車でお越しの際は、契約駐車場(有馬里パーキング)をご利用ください。
※期間中飾り変えも検討しています。詳細は後日。


3度目となるガレリア・レティーロ・デ・オーロでの展示。今回のタイトルは、前回の個展「私とカメと対岸の空」の続編を意識し、事前に付けたタイトルでした。
実際は、そこからずいぶん発展し、少し趣の違う展覧会となりそうです。とくに大きく違うのがキャンパスを用意した点です。壁を切り取ったイメージのキャンパスに、立体的に針金で描きこんでいます。
もう一つは、今魅力的に思う線やフォルムをなすパーツを用意して創作した点です。それらをコラージュするようにキャンパスに取り付け、より感覚的で想像力をかきたてられるような作品作りを目指しました。


在廊予定
3/30fri. 13:30~16:30 終了
4/7sat. 13:30~16:30 終了
4/15sun. 13:30~17:00
4/21sat. 10:00~12:00
5/6sun. 10:00~17:00

※随時更新


ARIMA-Watashi-Kakine02.jpg

UTATARA01.jpg

トゥバ音楽演奏家で生物学者でもある等々力政彦と、針金造形画家でダンサーでもある升田学の2人による実験の場。「ウタタラ」と銘打って、様々なアプローチで対話し、表現し、参加者をうたた(転)未開の地へ誘う。それは対立と共生の所作と振る舞い。聴くことは聴かれることに転じ、観られることは観ることに転ず。
第一回の今回は、トゥバ音楽や針金造形ライブを軸に、科学の話やオノマトペを活用したダンスなど、有機的に織り交ぜます。トゥバにちなんだ羊料理やお茶とお菓子をご用意してお待ちしております。


「ウタタラ」
日時:2018年1月27日(土)18時開場 19時開演(約2時間を予定)
会場 :wedge (旧HANARE)
   〒666-0017 兵庫県川西市火打2-15-24
料金:2,800円 (羊料理付、ドリンク別)
   ※料理の準備の都合上3日前までにご予約お願いします。
ご予約/問合せ:info@kaya.asia (アートーンでもご予約賜ります


出演:等々力政彦、升田学
料理:tomomi
お手伝い:西浦恒


等々力 政彦(とどりき まさひこ)
トゥバ音楽演奏家。20年以上にわたり南シベリアで喉歌(フーメイ)などのトゥバ民族の伝統音楽を現地調査しながら、演奏活動をおこなっている。あがた森魚、朝崎郁恵、安里勇、中孝介、安東ウメ子、井上鑑、EPO、太田惠資、OKI、押尾コータロー、かとうかなこ、古謝美佐子、鼓童、大工哲弘、常味裕司、TeN(A Hundred Birds)、一十三十一、山本潤子、吉川忠英、吉見征樹、Huun-Huur-Tu、Sun Ra Archestra、Yat-Khaなど内外のミュージシャンと共演、およびアルバム参加。嵯峨治彦(モンゴル音楽)とのユニット「タルバガン」、奥野義典・瀬尾高志・竹村一哲とのユニット「グロットグラフィー」、ササマユウコ・真砂秀朗とのユニット「生きものの音」でも活動中。

oto_01.jpg

oto_f.jpg

oto_b.jpg

伊丹市立工芸センター主催の「音をたのしむ展」に出展します。
息吹をハリガネで描きたいと思います。工芸作家ではありませんが、工芸作品に挑戦する過程で抽象絵画のようにできるのではないかと思っています。ご期待ください。


音をたのしむ 展

日時:2017年4月15日(土)〜5月28日(日)10:00〜18:00
休館:月曜日(祝日の場合翌日)
会場:伊丹市立工芸センター
入場無料

ギャラリートーク:4月15日(土)14:00-(無料)
クラリネットコンサート:5月14日(日)15:00-(無料)

主催:伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹文化振興財団・伊丹市]
後援:伊丹市教育委員会

masudanishida-01.jpg

クリスマスに贈る 升田学と西田裕章のコラボ作品展
Manabu Masuda & Hiroaki Nishida Christmas Exhibition

ハリガネ造形作家 升田学とフルール ド ニアー 西田裕章がクリスマスに贈る、コラボレーション作品を展示販売いたします。僕にとっては本物の花、本物の命あるカラチとのコラボレーションはハードルが高く...うまくいったのかなぁ... と思いつつ、えいやぁ!
※花は生花ではなく、プリザーブドフラワーやドライフラワーなどです。


期間 2016年11月15日(火)〜12月4日(日)※月曜定休
時間 9:30~18:30(火曜13:00~)
会場 FLEUR DE NIER ET ESPRESSO
   〒665-0865 宝塚市寿町8-16
   Tel.0797-84-8621
   mail.info@f-nier.com
※ご来場の際は近隣の駐車場をご利用ください。

masudanishida-02.jpg


Arima2016-01.jpg

升田学ハリガネ造形展
私とカメと対岸の空

日時:2016年9月8日(木)〜10月31日(月) 
   9:30~17:00 火曜定休 ※最終日のみ12:00まで
会場:ガレリーア・レティーロ・デ・オーロ
   神戸市北区有馬町835番地
   tel.fax.078-904-0858
   mail. galeria@goshobo.co.jp

昨年につづき有馬温泉街にあるガレリーア・レティーロ・デ・オーロにて個展を開催します。今回は壁面に突き立つように展示。
壁から顔を覗かせている少女、宙を歩くカメ、壁の向こうへ抜け出そうとする羊やアヒルなど、ユーモアあふれる作品たちをごらんください。

在廊予定

9月8日(木)13:30~17:00 終了
9月10日(土)10:00~17:00 終了
9月22日(木/祝)13:30~17:00 終了
10月9日(日)14:00~17:00
10月16日(日)10:00~17:00
10月17日(月)13:30~17:00
10月21日(金)10:00~15:00 ※変更
10月26日(水)11:00~14:00 ※追加
10月31日(月)10:00~12:00
※特に10月以降は在廊日を追加予定です。


Arima2016-02.jpg

massmitts01.jpg

photo: Masanobu Moriyama

iriguchideguchi03.jpg

iriguchideguchi04.jpg


Project massmitts (=Manabu Masuda & Tadashi Mitani)
Iriguchi Deguchi

Art work: Manabu Masuda
Video work: Tadashi Mitani


升三s(=升田学と三谷正のユニット)
イリグチデグチ

この作品は升三sの升田学が、一本のハリガネを曲げて創作する作品群「ヒトスジ」の一つ「井戸」に、映像作家の三谷正が映像を投影することで生まれました。
「ヒトスジ|井戸」は村上春樹著書「ねじまき鳥クロニクル」に出てくる井戸へのオマージュで、升田が感じたそれは、異次元へのトンネルであり、心の深淵への入口であり、人類史への連絡通路でした。
「ヒトスジ|井戸」にインスピレーションを得て制作された映像が、ヒトスジにチラチラと這い回り、床に波打つ様に投影されることで、立体的で時間も有する作品として見る者を惹きつけます。

アートワーク:升田学
映像ワーク:三谷正


vacantlandDVD.jpg

今年2013年3月、伊丹市立伊丹市郷町館旧岡田家住宅・酒蔵で開催した展覧会「升田学ヒトスジ展|空地 」の展示の様子とインタビュー映像です。
関わって頂いた皆さま、本当にありがとうございました。


http://www.youtube.com/watch?v=dkxuFHYcAwc&feature=youtu.be


MASUDA MANABU ONE STROKE WIRE ART EXHIBITION " VACANT LAND "

Place:Itami gochokan "The Ex-Residence of the Okada Family・Sake cellar"
Date:8th(fri) - 31th(sun). Mar. 2013

Planning & Space composition:Manabu MASUDA "a-t-n"
"Hitosuji" Art work:Manabu MASUDA
Lighting design:Ryoya FUDETANI
Press:Eriko MASUDA "a-t-n"
Exhibition work:Daisuke IGARASHI  Megumi ITAKURA Yoshiko OISHI Tomonobu KAWAKAMI Anna KUWABARA Arashi FUKUOKA Mai MATSUMOTO Soyoka MOURI
Special thanks:Yoshihisa ONISHI(ITAMI GOCHOKAN) Shigeko IMANISHI(ITAMI GOCHOKAN) Satoko MUKAI(The Museum Art & Crafts.ITAMI) Hiromi SAWANO(The Museum Art & Crafts.ITAMI) Hiroyuki ARAKI TeN Wa-no

Sponsored by:Itami gochokan "Itami Culture Foundation・Itami City"
Supported by:CROSSROAD CAFE

Promotional image " HITOSUJI│VACANT LAND " Project team 
Supervisor:Tomonobu KAWAKAMI "GLAN FABRIQUE inc."
Direction:Shigeru ASAGA "S.S.WORKS++"
Cam.:Minoru NODA "AND PLANNING"
Photo:Yoshikazu INOUE
Translation:Sayuri NAKAJIMA
Music:Toshiyuki YASUDA
"Returning" from GIRLS(Soundtracks for Digi+Kishin Vol. 1)
"Colors in Light" from STRANGERS(Soundtracks for Digi+Kishin Vol. 2)


HITOSUJI " VACANTLAND " / Copyright 2013 Manabu Masuda All Rights Reserved.