Harigane

輪郭や骨格を持たない、描く立体


輪郭や骨格を持たない、描く立体

ドローイングさながらの線がそのまま立ち上がり、空間を含むように作られた立体作品。石のような硬い素材を削り出して作る彫刻ではなく、表層を形作る彫刻でもない。見る角度によって線の意味合いが変わることが特徴。(例:髪の毛のラインに見えていた線が、違う角度から見ると腰のラインに見える)


「陽気」「重力と光と零度」展/2018/iTohen


ART-重力と光と零度_5189.jpg

「陽気」動画>


「月の光」「重力と光と零度」展/2018/iTohen

ART-重力と光と零度_5192.jpg