Performer

2012年09月21日

Photo/ Seeing Oneself

Sm-manabumasuda.jpg

Photo
Title: O×O
Directer: Masuda Manabu
Photographer: Inoue Hirokazu
Litting designer: Fudetani Ryouya
Place: Icyo-an (Osaka, Japan)
Date: Sep.2012


国際写真プロジェクトSeeing Oneself日本展の為に制作した写真作品。「自己を見つめて」というテーマを受け、パフォーマーとしての自分とハリガネ画家としての自分を見つめる作品を制作しました。
撮影は井上嘉和、照明に筆谷亮也と贅沢布陣で創作した作品です。


<展示概要>

DM
Ss_Seeing.O.DMF.jpg

Ss-Seeing.O.DMB.jpg


国際写真プロジェクトSeeing Oneself日本展


国際写真プロジェクトSeeing Oneself(自己を見つめて)は、ポーランドのアーティスト・キュレーターJerzy Olek(イェジ・オレーク)によって企画され、2005年からチェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、メキシコ、ポーラ ンド、ルーマニア、スペイン、モロッコで開催されてきました。参加国が増えるごとに10人のアーティストが、Seeing Oneselfというテーマで一人一点を出品する。日本展が9ヶ国目となり、90点を展示した。


参加アーティスト:
Japan = 小本 章、比嘉 良治、土田 ヒロミ、笠木 絵津子、徳永 好恵、林 勇気、小高政彦、升田 学、中川 惠菜、吉川 直哉
Czech Republic = Ladislav Hartman, Vítězslav Krejčí, Petr Moško, Rudolf Němeček, Iva Pavlátová, Pavel Rejtar, Jiři Pytlík, Michaela Stejskalová, Jaroslava Tomanová, Roman Unger
France = Patrick Bailly-Maître-Grand, Jean-Marc Biry, Jean de Breyne, Evelyne Coutas, Laurence Demaison, Christophe Galatry, Yannick Hedel, Alain Harveau, Philippe Paret, Riwan Tromeur
Germany = Claus Bach, Kurt Buchwald, Peter Buchwald, Mona Filz, Frank Herrmann, Wolf Kahlen, Annegret Soltau, Jaqueline Sorrer, Viola Vassilieff, Gisela Weimann
Hungary = Zsolt Gyenes, Erzsébet Horváth, József Jancsikity, Sándor Áron Károly, Endre Koronczi, Barna Leitner, Erzsébet Lieber, Éva Andrea Szőcs, Géza Szőllősi , Ágnes Verebics
Mexico = Oscar Aguire, Vidal Berrone, Erica Corral, Ingalora Dwyer, Helen Escobedo, Cecilia Hurtado, Cristina Kahlo, Jose Martinez, Shannon Reece, Norma Suarez
Poland = Anna Glinka, Agnieszka Grandowicz, Michał Jakubowicz, Waldemar Jama, Bogusław Michnik, Jerzy Olek, Jan Rusiniak, Marcin Szczyrba, Witold Węgrzyn, Marzena Zawal
Romania = Ştefan Bădulescu, Andrea Bondrea, Andrei Budescu, István Feleki, Dorel Găină, Radu Ilea , Andor Kömives, Mira Marincaş, Alexandru Rădulescu, Carmen Vasile
Spain = Patricia Allende, Angiola Bonanni, María Fernández Armero, Angeles G. Paríso, Eberhard Hirsch, Aníbal Merlo, Diego Moya, Claudio F. Pérez Míguez, Christina Rendina, Johanna Speidel


日程:2012年9月7日(金)〜9月13日(木)
会場:銀杏菴
企画:Jerzy Olek(イェジ・オレーク)
日本展キュレーター:吉川直哉
展示構成、印刷物デザイン:升田学
主催:国際写真プロジェクトSeeing Oneself 日本展実行委員会
協賛:ポーランド工法文化センター
   宝塚大学創立25周年記念事業イベント応援企画
協力:銀杏菴、Gallery Kai、GALLERY ARTISLONG、森岡厚次、北善昭、
   田中健作、星野聖也、松谷みなみ


展示風景

Seeing09.jpgSeeing03.jpg

Seeing01.jpgSeeing02.jpgSeeing06.jpgSeeing08.jpg

明治四十三年(1910年)に建てられた長屋の一軒、銀杏菴(いちょうあん)での展示となった今回は、古く昔ながらの生活が残る展示スペースを活かすため作品を平置き展示しました。畳の上に所狭しと飾られた、世界9カ国からの参加となった写真作品90点。来て頂いたお客様には膝を着き、手に取って鑑賞して頂きました。座った目の高さには、古き良き日本の風景が広がっていました。

トラックバック(0)

  • このブログ記事を参照しているブログ一覧: Photo/ Seeing Oneself
  • このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.a-t-n.jp/mt/mt-tb.cgi/367