Topics

2019年02月21日

安田登 宝塚寺子屋 3.3.sun. 終了

宝塚寺子屋03チラシ.jpg


安田さんは能楽で培った身体感覚を駆使し、神話や古典を研究されています。とてもわかりやすいことばを使って当時の思想を、今の時代と照らし合わせて話してくれます。聞いているとワクワクするのがこの寺子屋です。


「宝塚寺子屋」
日 付|3月3日(日)
開 場|13:00
開 始|13:30 (15:30終了予定/途中休憩あり)
会 場|清荒神清澄寺 清邦文化会館 1F
      〒665-0837 兵庫県宝塚市米谷清シ1番地
ご予約|office@a-t-n.jp
    テキスト準備の都合上ご予約をお願いしていますが、飛込みも歓迎!
受講料|お気持ちをお心付けでお願いしています

内容
能楽師である安田登氏は、豊富な知識と身体感覚で、「古事記」や「奥のほそ道」「論語」など、日本や中国の古典を探求されています。中でもこの「寺子屋」は、そのときいちばん伝えたい事を「お寺」でお話したいと考え始められたユニークな会です。東京を中心に京都や熊本など数多く開催されており、宝塚では3度目の開催です。

安田登 やすだのぼる
1956(昭和 31)年、千葉県銚子生まれ。下掛宝生流能楽師。ワキ方として国内外を問わず舞台で活躍。能のメソッドを使った作品の創作、演出、出演も行う。著書に『能 650 年続いた仕掛けとは 』 『あわいの力』『異界を旅する能』『身体感覚で「論語」を読みなおす。』他多数。 http://twitter.com/eutonie

トラックバック(0)